読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eclipse Indexer の設定 (C++11 対応)

Tool Eclipse

つくばチャレンジに向けて,今日からLSD SLAMのコード解析を開始.GWをフルフルに使ってなんとか理解したい.Git から落として Eclipse で解析するところで,まず Indexer 設定でつまずいた.

LSD SLAM のコード自体は C++11 を採用しているので,Indexer の設定も C++11 対応にしてあげないといけないのだが,ここではまる.以下,メモ.

 

1. Eclipse Syntax Parser の設定.

Window -> Preferences -> C/C++ -> Build -> Settings -> Discovery -> CDT GCC Build-in Compiler Settings

とたどって,"Command to get compiler specs:" 欄に -std=c++11 を付け加える.

 

2. CMake Project への設定.

対象となるプロジェクトが CMake プロジェクトである場合,対象のプロジェクトを選択して右クリック後,以下のようにたどる.

Properties -> C/C++ General -> Preprocessor Include Paths, Macros etc. -> Providers

その後,CDT GCC Build-in Compiler Settings を Contributed PathEntry Containers よりも高い位置に設定する.

 

3. 最後のステップ

コンパイル,Project -> C/C++ Index の後に Eclipse の再起動.