読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UBS カメラセッティング 2 - カメラ詳細情報の確認

 つくばチャレンジ 2015 に参加するにあたり,LSD SLAM を使ってやろうと思い下記のカメラを購入.かつステレオもやろうと思ったので 2 つ買った.(レンズ込みで1つ 9 万円 orz...) ここでは,まず OpenCV 等でカメラをいじる前に,簡単にカメラのサポートしている機能などを確認する方法をメモ.

www.theimagingsource.com

1. カメラビューアーのインストール

 兎にも角にも,イメージが見れないと困るので,下記のソフトウェアをインストール.おすすめのソフトは,"GTK UVC video viewer".こいつは Ubuntu Software Center からインストールできるので,素直にインストール.早速自宅実験場の様子をアップ(笑)

f:id:rkoichi2001:20160516015109p:plain

2. Video 4 Linux のインストール

 カメラの詳細情報や種々の設定をコマンドで実施するために,Video 4 Linux をインストール.

sudo apt-get install v4l-utils

3. カメラ情報の取得

 v4l-utils をインストールすることで,v4l2 の API をコマンドから叩くことが可能なる.まずは,カメラの情報を取得.

hogehoge:~$ v4l2-ctl -d /dev/videoLeftImgSrc --info

Driver Info (not using libv4l2):
	Driver name   : uvcvideo
	Card type     : DFK 23UM021
	Bus info      : usb-0000:00:14.0-3
	Driver version: 4.4.8
	Capabilities  : 0x84200001
		Video Capture
		Streaming
		Extended Pix Format
		Device Capabilities
	Device Caps   : 0x04200001
		Video Capture
		Streaming
		Extended Pix Format

4. 対応しているカメラフォーマットの取得

hogehoge:~$ v4l2-ctl -d /dev/videoLeftImgSrc --list-formats

ioctl: VIDIOC_ENUM_FMT
	Index       : 0
	Type        : Video Capture
	Pixel Format: 'GRBG'
	Name        : 8-bit Bayer GRGR/BGBG

	Index       : 1
	Type        : Video Capture
	Pixel Format: 'GREY'
	Name        : 8-bit Greyscale

	Index       : 2
	Type        : Video Capture
	Pixel Format: 'Y16 '
	Name        : 16-bit Greyscale

Ubuntu 14.04 に付いてくる v4l-utils では,GRBG の Pixel Format が対応してなかったみたいで,表示されなかった.このために,Ubuntu 16.04 をインストールすることを決断...